パパ部

今日はどんな遊びをしようか。

docomoからDMMmobileに乗り換えで少し失敗したポイントをシェアします。

スポンサーリンク


今、なにかと話題の格安SIM。

うちではすでに妻のスマホIIJmioの格安SIMにて月額1600円で運用中。

ぼくはdocomoiPhone5Sを使っているのですが、2年前に一括0円で購入できたため、こちらも月額3000円。
二人合わせても月の通信費5000円未満と格安で運用できています。


業界最安値水準のDMMmobileで更にコストダウン

現状の通信費でも、まぁ満足してるのですが、
今回ぼくのdocomo契約が3月で契約満了、4月が更新月(違約金がかからない月)となるので、4月早々に業界最安値を謳っているDMMmobileに変更することにしました。

DMM mobile データSIMプラン 10GB

これまでは月に使えるデータ量が7Gだったため月末にはいつも速度制限がかかっていたので今回は10Gを選択。


通話SIMの10Gでも2950円
なのでこれまでより更に安く運用できるし、使わなかった分は翌月に持ち越すことも可能です。
docomoいままでありがとう、そしてさようなら。


で、ここまでの手続きの流れとしては、

3/29
docomoMNP予約番号を発行、有効期限は4月12日

3/29
DMMmobileでMNP申し込み

3/30
DMMmobileから登録完了のお知らせ(この時点で初回利用料、SIM発行費決済)

3/31 DMMmobileからSIM発送の通知

今ここ

少しでも安くMNPするために注意する点

さて、ここからが問題。
このまま普通にdocomoを解約したのでは4月分のパケットプラン分が日割りにならずまるまる請求されるので4月分のパケットプランの解約申し込みを3月中にしておこうと思いドコモショップに行ってきたんですよ。

そしたらなんと、
「予約番号を発行後すでに転出先での手続きが終わってるからプラン変更できない」とのこと。

そりゃーないでしょ、docomoさん。
契約更新月が4月なので4月1日切り替えでパケットプラン解約を目論んでたんですが…泣

転出先での登録完了までなら変更できたみたいなので1日遅かったようです。

従来のキャリア間でのMNPでは、
予約番号発行日=切替日
というのが常識だったのが、格安SIMによって「おうちで...」好きなタイミングで切り替えできるようになり予約番号発行からMNP切替までの時間があいたことにより生じた盲点でした。

でも、完全に切り替えるまでは一応docomoに籍があるわけで、変更できないと言われても正直納得はいかないのですが…

まあ、今回はdocomoへのお小遣いということで勘弁してあげましょう。少しでも安く乗り換えたい方は要注意ですよ。

ちなみに、DMMmobile契約の際はA8のセルフバックを使うことで1400円ほど安くなるのでお得です。

A8.netの申し込みページ

広告を非表示にする