読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパ部

今日はどんな遊びをしようか。

これは便利!バーベキューが捗るおすすめアイテム紹介します。

スポンサーリンク

f:id:meba:20170308161732p:plain

こんにちはイチです。

昨年、ウェーバーのバーベキューグリルを買って以来、すっかり家の庭でのバーベキューにハマっています。

家バーベキューっていいですよ。

冷蔵庫に残った食材は消費できるし、昼間っからお酒が飲めるし、純粋にわいわいできるのも最高ですし。

それに炭火で焼くと何を焼いても激ウマなんですよ。

特に備長炭なんて使わなくても普通の炭で焼くだけでスーパーの安っすい肉や魚が美味しい炭火焼料理に変わります。

バーベキュー道具もいろいろ買ったので、今日はこれからバーベキューを始めようって人のためにアイテムを紹介します。

Weber(ウェーバー)「ジャンボジョー

まずは、バーベキューグリル。

僕的にはグリルはこれ一択。

ウェーバーのグリルはどれもオススメだけど、「ジャンボジョー」がサイズや機能などのバランスが一番優れていると思います。

  • 持ち手付き
  • 灰受け付き
  • タイヤがないので保管しやすい
  • 別売りのアタッチメントが使える

など、全モデルのいいとこ取りをしたモデルです。

グリルの選び方はこちらで記事にしてますのでご覧ください。


Weber(ウェーバー)「ラピッドファイヤースターター」

これも神アイテム。

これがあれば、あの面倒な火おこしから解放されます。

新聞紙や着火剤を底に入れ、その上に炭を入れて火をつけるだけで、煙突効果で放っておいても勝手に火おこしができるというスグレモノ。

まだまだ子供にも手がかかるので、これなしではウチではバーベキューが成り立ちません。

耐熱性グローブ(または軍手)

火傷予防に耐熱性グローブがあると安心です。

ウェーバーの網って両端に持ち手があるので、グローブでここを握って持ち上げることで簡単に炭の追加ができます。

僕はまだ軍手使ってるけど、耐熱性のものでも2000円ほどで買えるので長い目で見れば最初に投資してもいいかも。

トング

トングは生肉用、焼きあがったもの用の2本あれば食中毒の予防もできて便利。

これからの季節熱くなるので衛生面は気を付けましょう。

火消壺

ウェーバーのグリルは蓋を締めて密閉状態にしておけば、火消壺がなくても消火はできるんですが、それだと翌朝までグリルを洗えないんですよね。

時間が経つと油などが固まって汚れが落ちにくくなるので、できれば洗浄は使い終わってすぐにするのがベスト。

火消壺があれば、グリルをすぐに洗うことができるし、使い終わった炭は再利用できて便利です。

一度使った炭は着火しやすいので、次回火おこしに使いましょう。

木炭ケース

炭は湿気が多いところに置いておくと着火しにくくなるので、蓋付きの密閉タイプの容器で保管しましょう。

倉庫に置いておいても炭の臭いも気になりません。

ワンタッチテント

最後に、我が家のバーベキューで絶対に欠かせないのがこのワンタッチテント。

セール中に送料込み3980円と格安で購入したものだけど、作りもしっかりしています。

(現在送料込み3480円、楽天ポイント5倍と僕が買った時よりさらにお得になってます。6月1日までなので検討中の方はこの機会にぜひ!)

わずか10秒程度で準備・片付けができるので、うちではバーベキューをする前にまずはこれを設置して、子供たちをこの中で転がしています…W

日よけにもなるし、子供が中で遊んでくれると落ち着いて準備ができるのでめっちゃ重宝しますよ!

こちらも以前記事にしたので気になる方はチェックしてみてください。

papa-bu.hatenablog.com



あっ、そうだ!あと最後に昨日紹介したポータブル電源、Anker「PowerHouse」

http://papa-bu.hatenablog.com/entry/2016/05/26/194622papa-bu.hatenablog.com


これがあればACコンセントが使えるので便利ですよ。

小型冷蔵庫も使えるのでキンキンに冷えたビールも飲めるし、野外照明の電源としても使えます。

これから暑くなるので扇風機なんかを繋げば快適にバーベキューができそうですね。

広告を非表示にする