読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパ部

今日はどんな遊びをしようか。

営業から事務に転職したら毎日が超楽しくなったよ!というお話。

お金のこと-お得な情報 思ったこと

スポンサーリンク

f:id:meba:20170309125748p:plain

営業職から事務職へ転職したイチです。こんにちは。

転職して良かった。

営業やってた時には毎日会社に行くのが気が重くて、朝起きるのがつらかったり、寝て起きたら仕事なので夜寝たくないという気持ちに度々なってたのですが、仕事が変わってからは毎日が楽しいです。

ストレスがないので、サザエさんを見ても何も感じなくなりましたw

プライベートの時間も取れるし、ほんともっと早く転職しておけばよかったと後悔しています。

今日はぼく転職経験から、事務職のメリットや、営業→事務職への転職のコツを紹介します。転職を考えている人の参考になれば幸いです。

営業の仕事って本当に大変。

ぼくは以前自動車ディーラーで営業をしていました。

車の営業って本当に大変なんですよ。

新人のころはまずは、家族や親戚に頼み込まないといけないし、

単に車を売るだけじゃなくて、保険、クレジットカード、JAF、車検、ローン、タイヤ、ナビ、携帯電話、関連商品の物販などいろんなノルマがあります。

ノルマが達成できないときは、自己負担で商品を購入(自爆と言ってました)したりするので給料も減っていきます。

携帯電話を2、3台持っている人もザラだし、ひどい人は自分の飼い犬にまでJAFを掛けてる人もいましたw

残業も多くて日中はお客さんも仕事でコンタクトが取れないので、電話営業は夜が中心。

電話営業がおわったあとも一日の報告書をまとめたり、見積りをつくったり…

仕事が終わると、日が変わってたなんてこともざらです。

土日、祝日は基本的にほとんど仕事だし、プライベートと仕事の境もあいまいだし、休みの日も電話が鳴るので心が休まりませんでした。

営業から事務へ

営業が向いてればそれも苦痛ではなかったのかもしれませんが、ぼくには無理でした。

なので事務職に絞って転職先を探すことに。

仕事をしながら職安に通ったり、転職サイトで情報を集めて無事転職することができました。

今の仕事内容は、パソコンでの資料作成が中心。

電話応対もあるけど接客という感じではなく、基本的には社内や取引業者からなので電話でいきなり怒鳴られるなんてこともほとんどありません。

残業もあるけど、定時で帰れることも多いし、残業代もちゃんと出ます。

事務職のメリット

ぼくの場合それまでの営業職がかなり苦痛だったので、事務職への憧れもあってプラスの補正が掛かってるかもしれませんが、客観的に見ても事務職の方がメリットは多いような気がします。

土日祝日が休み

営業やってた頃は土日は必ず仕事してました。

運動会など子どものイベントのほとんどは土日なので全く参加できず。

当時はそれがすごくイヤでした。

まぁサービス業は土日が勝負なので仕方ないんですけどね…。

今はサービス業ではないので会社自体が土日祝は完全にお休みです。

そんなわけで転職してからは子どものイベントにも積極的に参加できるようになりました。

仕事にお金が掛からない

営業やってると地味にお金がかかるんです。

スーツ代、靴代、携帯代、など仕事をするのにお金がかかるという…

コンビニ弁当や、外食も増えるので食事代も結構かかってました。

今は仕事着は会社支給だし、昼飯も弁当なのでほとんどお金がかかりません。

内勤なので、コンビニとかでついお金を使ってしまうこともありません。

ストレスが少ない

営業をやっていたころは、お客さん絡みで、不条理なことや、自分に非がないことで怒られたりして、毎日イライラしてました。

事務に転職してからはそういうのはほとんどありません。

比較的マイペースで仕事ができるのも事務職のメリット。

営業の場合は自分が事務仕事をしている時とかでも、お客さんが来たり、電話が鳴ったりしたら対応しないといけませんが、事務なら自分のペースで仕事ができます。

今はストレスを感じずに仕事ができるので、プライベートでも以前より穏やかにすごせるようになった気がします。


とまぁこんな感じで、営業職と比べて事務職って「働きやすい」んですよね。

あえてデメリットを挙げるなら、ずっと机に向かっての作業が多いので、じっとしてるのが苦手な人には向いていないかもですね。あとはずーっとPC使ってるので目が疲れるくらいかなぁ。

事務職へ転職するときのポイント

情報収集が大切

事務への転職を希望する人はとても多いです。

ぼくのように営業から事務に転職を希望する方もれば、事務から事務への転職を希望する方もいます。

倍率も高いので事務系の仕事が未経験の場合、営業から事務への転職は難しいのが現状です。

そこで重要なのが、できるだけ多くの情報を集めること。

数撃ちゃあたるの精神で探すことが大切になってきます。

ぼくの場合は仕事しながら3ヶ月くらいかけて転職サイトをずーっとチェックしていました。

いい感じの事務職の求人ってなかなか出てこないのでマメにチェックするのが重要です。

仕事を辞めてしまうと、どうしても早く決めないとという気持ちになるので、仕事をしながらじっくりとよい案件がでてくるのを待つ方が良いと思います。

資格は無くてもなんとかなる

そりゃあ自慢できるような資格があるに越したことはないですが、資格なんて無くてもなんとかなります。

ぼく自身も資格なんて中学校の時に取った英検くらい(汗)

それでも無事転職できました。

資格がないのを気にして、何も動かないのが一番ダメ。

前職で何を身につけたかうまくアピールできれば乗り切れますよ。

最後に

こんな感じっ。

とにかく事務職いいよってお話しです。

営業が辛くて悩んでいるのだったら、思い切って転職活動を行ってみてはどうでしょうか?

というか探すだけなら思い切るというほどでもないですし。

絶対に自分の適正に合った職種はあると思いますよ!

ぼくが使っていたオススメの求人サイトいくつか貼っておきます。

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

自分らしさで探す、はたらく求人・転職情報サイト「はたらいく」

それではまたっ!

広告を非表示にする