パパ部

今日はどんな遊びをしようか。

家庭で本格ピザを焼こう!WEBER(ウェーバー)ジャンボジョーグリルで1枚1400円のピザストーンを使ってピザを焼いてみた!

スポンサーリンク

f:id:meba:20160801073040j:plain

こんにちはイチです。

先日ブログで紹介しましたが、WEBER(ウェーバー)のBBQグリル用に購入した格安ピザストーンが届いたので、念願の自家製ピザに挑戦してみました。

いやー、ずっと家でピザ作ってみたかったんですよね。

1枚1400円の格安ピザストー

はい、これですよ、これ!

ジャーーーーン!!



Amazonで買った超格安のピザストーン。

2枚でもたった2800円で購入できました。



直径23センチとWEBERの純正品に比べるとちょっと小さめのサイズですが、実はそこがポイントで、直径47センチのジャンボジョーなら2個横並びで入れることができるという絶妙なサイズ!

こちらが実際並べてみた写真。


計算通りぎりぎりですが2枚並べれて蓋もちゃんと閉まりました。

これで一気に2枚のピザを焼きあげることができます!

セラミックプレートはざらざらとした質感で、ピザから出る水分や油を吸い取ってくれてパリパリに仕上げてくれます。



安いのにカッターも付属しています。もっとショボいかなと思ってたけど意外と使えてピザもちゃんと切ることができました。

子どもと一緒に生地作りから挑戦!


冷凍ピザでもいいかなーとは思ったのですが、今回はせっかくなので本格的に生地から作ってみることに!

水を入れすぎて生地がベタベタしてまとまらず、ゆるい感じになってしまい苦戦しました。

ピザを焼く以前に生地作りでちょっと失敗の予感ww



めん棒で生地を伸ばした後、おもむろに竹串を取り出して顔を書き出す娘、まぁそれもよかろうw

早速焼いてみた!


ピザストーンにのせて二枚同時に焼いていきます。生地がゆるかったのでストーンに移すのが大変だった´д` ;



火起こしは毎度大活躍のチムニースターター!

新聞を一個丸めた上に炭を入れて点火すると、ほっとくだけで10分もすればこの通り、火起こしが勝手にできるので超便利!

炭に火が着くと、ピザストーンを置いてグリルの蓋をします。

本来は10分くらいで完成するみたいだけど、ピザ生地が水分を含みすぎてたせいで完成まで1時間くらいかかりました。

ともあれなんとか完成したピザがこちら!

超旨そうでしょ。

でも実は見た目はおいしそうなんですが、やはり生地ががゆるかったのがダメだったのか、下の方はカリカリだけど、上の方はなんつーかクッキーみたいな感じでちょっと微妙でしたw

このままでは納得がいかないので、残っていたピザ生地は一晩ラップをせずに冷蔵庫で寝かすことで水分を飛ばして翌日リベンジ!



こちらは絶品でしたよ!

焼きたてってのもあるけど、生地はカリカリ、具はホクホクで超旨い!

それでいて材料はほとんど家にあるものをトッピングしただけなので、ほとんど小麦粉とチーズ代くらいしかかかっていません。

これはまたやるしかないですね!

最後に


格安のピザストーンだったのでちゃんと焼けるか心配でしたが、ウェーバーのジャンボジョーとの愛称は抜群!(直径37センチのスモーキージョーでは一度に2個同時には入らないので注意してください)

これでますますジャンボジョーの活躍の幅が広がりました。

あえて欠点をあげると使った後、ストーンについたピザの焦げを落とすのが大変だったくらい。生地が上手くつくれていればくっつかなかったのかもしれませんが…

とにかく手軽にそして安価に本格的なピザが家庭で作れるので皆さんやってみてください!

ピザ生地をこねたり、具材をトッピングしたりは子どもでも簡単にできるので休日の遊びネタとしてピザを作ってみるのもおすすめです!

次はBBQの時にピザも焼いてみよっと!

それではっ!